育休について勉強!の記事をピックアップ
育休を取るにあたって調べたときの日記です。まだまだいろんな障壁(?)の多い男性の育休ですが、世間には少しずつ追い風が吹いているように思います。この日記を読んで「育休取ってみようかなぁ〜」ともし少しでも思って頂ければ存外の喜びです。m(_ _)m




新しいブログの紹介

現在、こちらのブログは更新していません。
新しいブログはこちら


記事内容

2012年01月21日

【活動】

「迷走する両立支援」イベントが電子書籍になったよ!のお祝いパーティありました!


育休中にツイッターを通じて知り合った人たちと、ずっと続けてきた活動があります。

「迷走する両立支援」という本をきっかけに集まったメンバーで企画するWLB_cafeという活動です。

2010年5月から始めました。毎週、ツイッターでつぶやき合う時間があり、ワークライフバランスについて語ったり、両立の悩みや、目まぐるしい生活の中にもキラリと光る幸せを共有してきたりしました。

2010年10月には、この本の著者とイクメンプロジェクト立役者の厚労省の方の対談イベントを開催しました。

2012年1月、この対談イベントを書き起こした電子書籍ができました。

今日は、その電子書籍の公開記念パーティでした。


僕は、家族の所用や子どもの急な体調不良のため(お子さんいらっしゃる方には説明不要かもですが、マーフィーの法則ばりに、ここぞ!ってときに重なる自然現象です。。)、パーティが終わった後に会場へ駆けつけました。片付けくらいは手伝おう、ということで。でも、会場に着いて目に飛び込んできたのは、会場にあふれんばかりの人、人。終わって30分以上も経つというのに。パーティが盛況だったことが一瞬でわかりました。

参加された人の多くは、子どもをもつ親世代だったと思います。みんな子どもを家族に見てもらったり、そのために前の週はちょっとパートナーのご機嫌取ったりとか、いろいろ調整した上で参加してくれたんだと思います。子どもを連れて来られていた方もたくさんいらっしゃいました。小さいお子さんでは、本当に連れて行っても大丈夫かな、と気になりながら参加された方もいらしたでしょう。


でも。


行きたいところへ、行きたい。

会いたい人と、会いたい。

今をもっと良くするために、何かしたい。


という想いが勝っている。
「やりたいことがある」そんな純粋な気持ちを、子どもをもったからって、どこかに埋もれさせなければいけないのか?どこかに隠さなければいけないのか?それは違う。なんだかよくわからないけど、それはぜったい違う気がする。世の中まだまだ辛いことがあったり、がっかりしてしまうこともあるけれど、それ本来の姿じゃないでしょ。もっと良くなるでしょ、と心のどこかで信じている人たち。そんな人たちが集まる会はエネルギーにあふれていました。



「迷走する両立支援」という本は、まー、読むとどよーん…とする本なのですが(両立支援が迷走してますから!)、僕はこの本を読んでこう書きました。『この本の全体に重い空気が漂っている原因は、一粒の希望も描かれてないからだと思います。両立支援全体を見たときに起承転結があるとすると、この本には「起」しかないんです。それも強烈な「起」なんです。』


でも、今日のパーティでは、そんな本の雰囲気はどこ?と言わんばかりの眩しい笑顔に包まれている空気を感じて、今、確実に「承」から「転」が起こる、起こり始めていると感じました。そして、それは一人一人の方の想いと、最初の一歩を経て、ひとつずつ少しずつ行動を起こすこと、そうした人たちが集まることで起こる、1+1が3にも4にもなる連鎖によるものだと思いました。このパーティはもちろん、これまでの活動も、リーダーの育休後コンサルタント山口さんを核として、いろんな人が少しずつ時間やスキルを使って、作り上げてきているんです。それはスタッフに限らず、今日、参加してくださった皆さん、ツイッターでつぶやいてくださる皆さんが、作り上げてこの形になっているんです。本当にすごいことです。


2010年5月、こんなことができるとは知る由もなかったときに書いたのがこのブログです。これが僕のスタートで、最初の一歩でした。このブログ1つ書いたことから、今ここにつながっていると考えると感慨深いです。最初の一歩を踏み出すこと、続けることの大切さを改めて感じました。

【書籍】「迷走する両立支援」を読んで。両立支援って女性だけのものなの?!



さて、
WLB_cafeの次の目標は、この電子書籍の、紙媒体書籍としての製本、発行です。

電子媒体では届かない人のところに、この物語を届けたいんです。

ワークライフバランス、今をもっと良くするためには、電子媒体では届かない人と協力しないといけないんです。


今、見えている課題は、印刷製本のための費用、製本化のためのDTP/編集作業(スキル含めて)、配布先募集と配布方法です。他にもあるかもしれません。どんな形でも良いです。一緒に力を合わせて、1+1が3にも4にもなる、活動を続けたいと思います。

そして、関われた皆さんと一緒に、今はまだ知る由もない次の未来を見ることができたら、こんな嬉しいことはありません!




P.S.
パーティは純粋に楽しいのでまたやりましょう!
僕、参加できてませんし・・・!笑



WLB_cafe presents 『迷走する両立支援』対談&著者と読者の交流会 〜格差と少子化の国のワークライフバランスは、いま〜

イベントサイト・Ust録画あり:http://socio-logic.jp/meiso/
電子書籍ダウンロード: http://p.booklog.jp/book/40576




【活動】の最新記事
posted by いちのせき | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。